群馬県高山村 組織でさがす 出来事でさがす
トップページ 届出・証明 健康・医療 税金・年金 産業 村政情報 学ぶ・楽しむ 観光案内
前のページにもどる
高山村の概要




 高山村は、子持山・小野子山・中ノ岳・十二ヶ岳など、緑豊かな山々にいだかれた、景観にも優れた高原地帯です。
 四季折々に花々が咲きほころび、温泉が湧き、キャンプ場や高原牧場など、訪れる人々の心を和ませてくれるロマンの村として、今日まで息づいてきました。

 また、夏季は気温も比較的穏やかで湿度も低いため、大変涼しく、夏の静養地として著名な軽井沢も凌ぐとも言われています。住民はそれを当たり前のように暮らしていますが、高山村の誇る自然環境のひとつということができます。

村章
村章 「たかやま」の“た”の字を図案化したもので
村の円満を象徴し、上部の山は飛躍し発展する高山村を表したものです。

昭和46年2月10日制定(村民公募入選作)

沿革 国登録有形文化財の平形家住宅門屋
 戦国時代には、交通の要所として各所に城が設けられ、城跡、合戦跡が今に残ります。近世になると、越後と江戸を結ぶ三国街道の宿場として、大いに賑わいました。江戸時代の宿場跡などから、当時の繁栄をしのぶことができます。
 繁栄は街道が廃止される明治初期まで続きましたが、その後、基幹産業を農業に切り替えました。
 明治22年(1889年)、中山村と尻高村が合併して高山村になり、現在に至ります。

地勢 高山村の位置
 高山村は群馬県の北西部に位置し、東西11.34キロメートル、南北10.63キロメートル、総面積は64.16平方キロメートルです。東は沼田市、南は渋川市、西は中之条町、北はみなかみ町に接しています。
 また、南北に1,000メートル級の山々が連なり、村の中央を西の方へ名久田川が流れています。
 村内は、地形が異なる二つの地区、盆地状の中山地区と、傾斜地で中之条盆地の一部である尻高地区に分かれています。そのため耕作地も標高420メートルから700メートルまでと幅広く分布しています。

高山村の人口の推移 住民基本台帳登録人口調べ 各年3月末現在
   世帯数 人口 世帯の
平均人数
総数  男 
平成18 1,264 4,256 2,104 2,152 3.4
19 1,268 4,230 2,087 2,143 3.3
20 1,279 4,151 2,050 2,101 3.2
21 1,304 4,160 2,028 2,132 3.2
22 1,293 4,075 1,992 2,083 3.2
23 1,300 4,005 1,949 2,056 3.1
24 1,320 3,990 1,948 2,042 3.0
25 1,327 3,954 1,928 2,026 3.0
26 1,326 3,911 1,914 1,997 2.9
27 1,333 3,838 1,893 1,945 2.9

高山村の木・花・鳥
ナラ村の
ナラ
炭焼の原料にも使われたナラ。青空に広がるライムグリーンの葉が村を見守り続けています。
リンドウ村の
リンドウ
薄紫色やピンク色の可愛らしい花。高山村はリンドウの栽培が盛んで、切り花を出荷しています。
ヤマドリ村の
ヤマドリ
山林に住むキジ科の鳥。山野が多い高山村では古くからその姿が見られてきました。



高山村のイベント 高山村の文化財 高山村の観光
ふるさと祭り

年間イベントは
こちらをご覧ください。
尻高人形芝居

村の文化財一覧は
こちらをご覧ください。
天文台と温泉

村の観光案内は
こちらをご覧ください。


このページの担当
高山村役場 地域振興課 電話:0279-63-2111
ページの先頭へ前のページにもどる
高山村役場地域振興課  〒377-0792 群馬県吾妻郡高山村大字中山2856-1 役場へのアクセス 
 代表電話:0279-63-2111 代表FAX:0279-63-2768 
(C) 1998 群馬県高山村.